母子生活支援施設について
HOME母子生活支援施設について

母子生活支援施設について

児童福祉法に定められた施設です。

18歳未満のお子さんを養育しているお母さんが生活上のいろいろな課題のため、お子さんの養育が十分にできない場合に、課題解決をはかり生活の安定と自立を促進するための施設です。

お母さんには
母子支援員がいて、一身上のいろいろな問題(職業・育児・健康・将来の生活設計、その他)など、どんなことでも安心して相談できます。
お子さんには

子どもの健全育成を目指して、次のような支援を行っています。
小学生以降のお子さんには少年指導員が夕方までの間 学習・あそび・日常生活指導の集団指導を主として行っています。

仕事等をしているのに保育園に入れないお子さんのために、入園ができるまでの間、保育士が施設内で保育を行っています。また、状況により補助保育・病時保育も行います。

施設での生活

居室は各家庭ごとに独立しています。台所があり、炊事も家庭ごとにしています。お風呂・トイレは共用です。施設から、お母さんは職場へ、子どもたちは学校や保育園に通います。

自立のために仕事を探している方や資格を取るために学校に行く方もおります。 

施設では年間を通じて行事も行っています。

アクセス

あすなろ大谷田[母子生活支援施設]

  • 母子生活支援施設について
  • ご利用について
  • 施設概要
  • お知らせ