職員の声
HOME職員の声

職員の声

  • 職員のイメージ
    平成21年に入社し、これまで支援員、相談員として利用者様の生活支援に携わらせていただきました。
    入社したばかりの頃、“今日できることは今日やろう”という気持ちを自身の念頭に置いて業務に努めて参りましたが、実際は毎日めまぐるしく過ぎていく時間に追われ、目の前のことで精一杯となり、最も大切な利用者様との関わりが薄れてしまうこともありました。また、2年目には次第に担当業務も増え、それと同時に失敗も増えてきました。
    老人ホームという現場で働くことに憧れて踏み込んだ世界も、決して楽しいことばかりではないという現実にぶつかったとき、支えとなったのは職場の方々の優しさでした。
    「最近元気ないよ」と声をかけて下さった先輩職員の温かい言葉は今でも忘れません。大学時代から共に過ごしてきた同期も私にとって心強い味方です。大森老人ホームは、そんな職員の優しさが魅力だと思います。
    昨年、第1子を出産し1年半に渡る育休を経て復帰しました。不安でいっぱいだった私を周りの方々は笑顔で迎えて下さり、同じく利用者様も「待ってたわよ」「これから大変だけど頑張ってね」などと、お声をかけて下さいました。
    いま、私が子育てをしながらお仕事を続けていられるのは職員や利用者様、多くの優しさがあったからだと思います。ゆっくりではありますが、1年半のブランクを少しずつ埋められるようまた現場で精一杯努めていきたいと考えます。(村岡 蘭)
  • 職員のイメージ
    昨年4月から支援員として、お仕事をさせて頂いております。具体的には、入浴や清掃、外出や通院の付き添いなど、日常生活で必要なお手伝いをしています。
    大森老人ホームでは、130名の方が生活しています。ホームのすぐ裏には大きな公園があり、四季折々の草木を見ることができます。また、駅も近くにあるため、散歩や外出を楽しまれる方も多いです。ホーム内では、楽しく歌う会や華道などのクラブ活動、淹れたてのコーヒーを楽しむ喫茶、外出や外食を楽しむ計画、地域の方を呼んでの催し物など、ボランティアの方のお力を借りながら様々な行事を日々行なっています。喫茶は、利用者の方たちの交流する良い機会となっており、仲の良い方同士誘い合いながら参加され、人気のある行事の一つです。利用者の方は、毎月の予定表“ほほえみ”を確認しながら、クラブや行事当日を楽しみに過ごされています。行事の準備は大変ですが、参加された方の笑顔を見ると「次も頑張ろう!」とつい意気込んでしまいます。これからも皆さんに楽しんでもらえる行事を行えるように、試行錯誤しながら取り組んでいきたいです。(小林 恵)

日の出

  • 大森老人ホーム
  • 地域交流事業
  • 施設概要
  • 情報公開
  • お問い合わせ